手ブレとさようなら!ジンバルで撮影した動画か滑らか過ぎる

スポンサーリンク

Goproゴープロやスマホで動画撮影をして、
家に帰って動画を見返すと、
手ブレがひどすぎで、見たくないっということがよくあります。

現在自分が使用しているGoproゴープロHero4 Blackで
手ブレ補正の機能がない機種ということもあり、
悩んでいたので、スタビライザーというものを購入しました。
このスタビライザーがすごく便利だったので、紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ジンバルとスタビライザー


ジンバルは、動画を安定して撮影する、手ブレを補正する機材です。
これを使用するだけでかなりスムーズな動画を撮影することができます。

 


スタビライザーというものもあります。
シンバルと同じ機能、手ブレを補正する機材です。
その違いは、ジンバルは自動で傾きを調整してくれるのに対し、

スタビライザーは重りを使って振り子の原理で重心を安定させる
引用:ジンバルとスタビライザーの違いとは?

自動で補正するジンバルの方がスタビライザーよりも値段が高くなります。

ジンバルを使用している動画

ジンバルを使用するとどれぐらいスムーズな動画が撮影できるのか
ジンバルを使用して、撮影された動画を紹介していきます。

 

ジンバルを使用することでプロモーション動画のような映像が撮影可能です。


かなりスムーズに動画が撮影できるということがわかります。
ただ、ジンバルにGoproゴープロやスマホをつけて動画撮影するだけで、
ここまでのクオリティーになるのはすごいところです。

どのジンバルがいいのか

シンバルをアマゾンで検索したらたくさん出てきます。
そして、そのほとんどが海外のメーカです。
どのジンバルを選べばいいのか。
私が購入したのは、Feiyu Tech SPGを購入しました。
これを購入した一番大きな決め手は、
Goproでもスマホでも使用可能な点。
Goproとスマホ両方で使用したいと考えていたところ
この商品を見つけました。

値段が安いもので考えたいならSmooth-Q
このジンバルはアマゾンでベストセラー1位にもなっているシンバルです。
スマホ対応で、Goproには対応はしていません。

Goproのみで使用したい方は、Feiyu Tech G5がいいかと。
こちらはスマホには対応していません。

個人的にはこの3つがおすすめです。
使用目的に合わせて選んで見てはいかがでしょうか。

まとめ

最近、ジンバルを使用しだして、
スムーズな動画が撮影できて、より動画撮影にハマってきています。
最近では、スマホで動画を撮影する人が増えていると思います。
こういったアイテムで動画撮影を趣味にしていくのはどうでしょうか。
では、

スポンサーリンク
スポンサーリンク
GoProを手に入れて、撮影を楽しむ

GoProを手に入れて、様々なアクティビティーで撮影を楽しみましょう。
防水でコンパクトなボディーにアクセサリーも豊富で、どんな場所でも撮影を行うことができます。またSNSへの投稿も簡単です。
GoProの購入は、お得に購入できる公式サイトがオススメです。

GoPro公式サイトを見る

スポンサーリンク
GoPro
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
satoをフォローする
スポンサーリンク
satowith log – GoProゴープロの写真と遊びのまとめ