初心者でも自転車のパンクを100均の修理キットで直せる!

日記
スポンサーリンク


近所のコンビニに行くときに、ちょっとスーパーに行くときに、自転車に乗っていきます。
普段の生活に自転車は必須になっております。
そんな自分の足とも言える自転車がパンクしました。
とういうことで、
100円ショップの自転車パンク修理キットを買って自転車のパンクを修理してみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ダイソーの自転車用パンク修理セット


今回使ってみたのが、ダイソーの自転車用パンク修理セット
もちろん100円で購入しました。
中身がこちら

虫ゴム 2本
ゴムのり 1本
タイヤレバー 2本
サンドペーパー 1枚
パッチラバー 大2枚 小1枚
携帯用袋 1枚

実際にこれらを使って直していきましょう。

さて、パンクの修理をしていきます


後輪がパンクしたので修理していきます。
100円ショップの商品以外にも必要な道具があります。
それは、こちら

レンチ(ナットを外せればなんでも良いです)
水の入ったバケツ

 

全体の修理の流れはこちら

1. タイヤの空気を抜いて、虫ゴムを抜く
2. タイヤを外して、中のチューブをだす。
3. 虫ゴムをさして、空気を入れ、穴を探す。
4. 穴にラバーパッチを貼る
5. チューブをタイヤの中に入れる
6. 空気を入れて修理完了

タイヤの空気を抜いて、虫ゴムを抜く


まず、ここを回して空気を抜きます。

この空気を抜いたら、

こういうちっさいものがささっています。
これが、虫ゴムです。
パンクの原因として、この虫ゴムの劣化で
空気が抜けてしまうということがあるので、
劣化していないか確認しましょう。


レンチを使って、根元にあるナットを外していきます。
レンチがなくてもプライヤーレンチなどを使っても外せます。

タイヤを外して、中のチューブをだす。

ここまで外せたら、タイヤを外していきます。


タイヤレバーをタイヤに差し込んで外していきます。
タイヤレバー2本を一定の間隔で差し込んで行くと
うまくタイヤが外れていきます。
タイヤが外れたら、チューブを出していきます。


空気入れのところに気をつけながら、
チューブを引き出していきます。
ここまできたら、次はパンクの原因の穴を探していきます。

虫ゴムをさして、空気を入れ、穴を探す。

最初空気を抜くために抜いた、
虫ゴムをさして、チューブに空気を入れていきます
チューブに空気が入ったら、
水につけて、穴を探していきます。


小さく空気が出てくるところを見ける。
気泡がチューブに着くので、穴から空気が出てきているのか紛らわしい。
水につけてるときにチューブを強く握って、
空気を押し出す感じですれば出て行く空気が見やすいです。

穴にラバーパッチを貼る

穴を塞いでいきましょう。
ラバーパッチを貼る前にゴムのりがよく着くように
穴の周辺をヤスリで軽くこすります。
ヤスリでをかけた後、ゴムのりを周辺に広げて
ラバーパッチを貼ります。


貼ったら、ハンマーや道具の持ち手の部分で上から叩いて圧着させます
ゴムのりが乾いたのを確認してから、
もう一度、水につけて穴がふさがったか確認します。

チューブをタイヤの中に入れる

穴がふさがったと確認できたら、
チューブをタイヤに戻していきます。
が、その前に、
タイヤの中に突起物がないか確認します。
特に、チューブにあった穴付近をよく注意してタイヤ内の突起物があるか探します。
そして、
チューブに砂利などがついていないか確認して戻して行くのも大切です。
タイヤ内に砂利などが入れば、穴が開く原因になるからです。
以上2点が確認できたら、チューブをタイヤの中に入れて、
タイヤをはめていきます。

空気を入れて修理完了


最後に空気を入れれば、修理完了です。
全体的にかかった時間はおおよそ20分くらいでした。
すごく簡単にてきました。100円ショップの自転車のパンク修理キット便利です。

まとめ

100円ショップの商品で素人が簡単に
自転車のパンク修理ができました。
これは、誰でもできる。初めての経験でした。
では、