GoPro HERO10 Blackが発売中、詳細はこちら

GoProでの必須アクセサリー!三脚にもなる3way自撮り棒!

自撮りするなら自撮り棒があるととても便利です。100円ショップでも購入できるぐらい幅広く売られています。GoProで使う自撮り棒なら1つで3役できる自撮り棒が便利です。

本日は、自撮り棒の中でオススメなGoProの3way自撮り棒を紹介します。

3way自撮り棒とは

GoPro用の自撮り棒です。
スマホでも使用できる3wayのタイプも販売されています。
この自撮り棒は、1つで3つの役割をすることができます。

  1. 持ち手になる
  2. 自撮り棒としての機能
  3. 三脚としての機能

以上の三つの機能があります。

持ち手になる

持ち運びに便利です。

グリップの部分が滑りにくいようになっており、握りやすくなってます。
この状態で、約19.5cmでカバンに収納しやすく邪魔にならない大きさです。

自撮り棒としての機能

棒の部分を伸ばしていくとこのような形で延長することができます。
棒を曲げることで、自分の好きな距離や好きな角度で撮影が可能です。

アームの中間部が曲がっているので、自撮りしたときに棒が写り込まずに撮影できます。

三脚としての機能

よくある自撮り棒とは違う大きな特徴です。三脚のようにして使用することも可能です。

本体のそこに、三脚が収納されております。

一番のオススメ理由は、自撮り棒が映らない

このようなまっすぐ伸ばす自撮り棒を使用していると撮影した際に、

写真に自撮り棒の棒の部分が写っているっということがよくあると思います。

3way自撮り棒は、棒の途中が折れているので、自撮りの際に棒が映らずに撮影することができます。

棒が映らないように撮影したい方は、この3wayを使用がオススメです。

唯一のデメリットは自撮り棒にシャッタボタンがない

3way自撮り棒の唯一のデメリットは手元でシャッターボタンを押す機能がないこと。

なので、スマホで撮影するならタイマー設定をして撮影をする必要があります。
GoProを使用して撮影する際は、スマホでシャッターを押すことで手元でシャッターを押すことができます。

これからアクションカメラの購入を考えている方は、GoProと合わせて購入することをオススメします。

まとめ

GoProを使用されている方は、使い勝手もよく使用シーンも幅広いので、
この3way自撮り棒は必須です。

初めてのGoProに合わせて購入したいアクセサリーです。

この記事を書いた人
sato

カメラやレビューの役立つ情報をブログにまとめています。
GoProやDJI Pocketなどのカメラの使い方やアクセサリーなどのレビューを記載しています。

GoPro歴は2014年から
GoPro HERO4 Black、HERO7 Black、HERO8 Black、HERO9 Blackを所有。

アクションカメラや技術に触れてレビューします。

アクセサリー
GoPro(ゴープロ)とマウントの使い方レビュー

コメント