DJIからDJI Pocket2が発表と同時に発売開始!詳しくはこちらから

GoProでの必須アクセサリー!三脚にもなる3way自撮り棒!

アクセサリー

自撮りするなら自撮り棒があるととても便利です。
自撮り棒は、100円ショップでも購入できるぐらい幅広く売られています。

自撮り棒ならなんでもいいやと思っていませんか?
どうせなら、1つの自撮り棒でいろんな撮影ができる方がいい!

本日は、自撮り棒の中で一番オススメな3way自撮り棒を紹介します。

3way自撮り棒とは

GoPro用の自撮り棒です。
スマホでも使用できる3wayのタイプも販売されています。
この自撮り棒は、1つで3つの役割をすることができます。

  1. 持ち手になる
  2. 自撮り棒としての機能
  3. 三脚としての機能

以上の三つの機能があります。

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ用アクセサリ 3-Way AFAEM-001
GoPro(ゴープロ)
軽量コンパクトながらカメラグリップ、エクステンションアーム、ミニ三脚、3つの機能を備えたオールインワンタイプのマウントです。

 

持ち手になる

 

持ち運びに便利です。

グリップの部分が滑りにくいようになっており、握りやすくなってます。
この状態で、約19.5cmでカバンに収納しやすく邪魔にならない大きさです。

自撮り棒としての機能

 

棒の部分を伸ばしていくとこのような形で延長することができます。
棒を曲げることで、自分の好きな距離や好きな角度で撮影が可能です。

アームの中間部が曲がっているので、自撮りしたときに棒が写り込まずに撮影できます。

三脚としての機能

 

よくある自撮り棒とは違う大きな特徴です。三脚のようにして使用することも可能です。

本体のそこに、三脚が収納されております。

  

一番のオススメ理由は、自撮り棒が映らない

 

このようなまっすぐ伸ばす自撮り棒を使用していると撮影した際に、

写真に自撮り棒の棒の部分が写っているっということがよくあると思います。

3way自撮り棒は、棒の途中が折れているので、自撮りの際に棒が映らずに撮影することができます。

棒が映らないように撮影したい方は、この3wayを使用がオススメです。

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ用アクセサリ 3-Way AFAEM-001
GoPro(ゴープロ)
軽量コンパクトながらカメラグリップ、エクステンションアーム、ミニ三脚、3つの機能を備えたオールインワンタイプのマウントです。

 

唯一のデメリットは自撮り棒にシャッタボタンがない

3way自撮り棒の唯一のデメリットは手元でシャッターボタンを押す機能がないこと。

なので、スマホで撮影するならタイマー設定をして撮影をする必要があります。
GoProを使用して撮影する際は、スマホでシャッターを押すことで手元でシャッターを押すことができます。

これからアクションカメラの購入を考えている方は、GoProと合わせて購入することをオススメします。

 

まとめ

GoProを使用されている方は、使い勝手もよく使用シーンも幅広いので、
この3way自撮り棒は必須です。

初めてのGoProに合わせて購入したいアクセサリーです。

 

あわせて読みたいおすすめ記事

固定撮影が可能なGoProアクセサリー ジョーズフレックスクランプマウント
しっかりとした固定・定点撮影が可能なGoProのアクセサリー『ジョーズフレックスクランプマウント』です。 しっかりと固定できるアクセサリーなので撮影の幅も広がります。1つは持っておきたいアクセサリーです。
GoProのマウントやアクセサリーのオススメ一覧まとめ
GoProのマウント・アクセサリーについての記事のまとめです。スポーツによってアクセサリーを使い分ける際、どのアクセサリーが使いやすいのか、どのシーンで使用が可能かどうかをまとめています。関連記事には詳細を記載しています。

コメント